旬な野菜と果物の栄養価についてまとめてみました。

主な野菜は、栽培技術や輸送技術の進歩により、年間を通じて食べることが可能となりました。しかし、野菜の栄養価については時期により差があります。栄養価が高いのは、出回り量が多い時期、いわゆる「旬」の時期と重なっています。
旬の野菜は、旬でない時期のものに比べ含有量に約2倍の差があるというデータもあります。このサイトでは、野菜の旬と栄養価について紹介しますので、参考にしてください。

 

旬な野菜

 

旬の野菜は価格も安い

旬の野菜は適した時期に大量に収穫できるので、手に入れやすいうえに価格もお安めです。旬の時期の野菜は安価になりますから、旬を知るひとつの手段として野菜の価格に注目しておくのもいいかもしれませんね。しかし、近年では、価格変動を抑えるために、品種改良や生産の工夫が進んで、一年中出回るようになった野菜も少なくありません。季節を問わず食べたい野菜が手に入る便利な昨今ですが、旬の時期には、季節感とともに野菜本来の味や香りを楽しみたいものですよね。
旬の時期に出回る野菜は、価格が安くなり、栄養価は高く味もよく、最良の状態を味わうことができるのを覚えておきましょう。

 

果物の栄養価

 

果物には、各種ビタミンをはじめ、ミネラルや食物繊維等の重要な摂取源です。しかも、健康維持や疾病予防に有効な成分を多く含んでいます。

 

ビタミンやミネラルが豊富

果物にはビタミンCやビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群が多く含まれます。また、果物にはペクチンなどの水溶性食物繊維やセルロースなどの不溶性食物繊維も含まれています。さらに、活性酸素を不活性化する作用のあるポリフェノール類も豊富に含まれています。また、「果物は太らない」と思われますが、実は果物に含まれているエネルギーは多いのです。覚えておきましょう。

 

春夏秋冬の旬な野菜

 

野菜などが、畑で自然にできた一番おいしい時期のことを「旬野菜」と言います。旬野菜は他の時期のものに比べて栄養価も高く、値段も他の時期に比べて安いのが特徴です。春・夏・秋・冬のそれぞれに旬の野菜があるので、下記に主な旬野菜を簡単にまとめました。

 

春が旬な野菜

キャベツ、アスパラガス、セロリ、スナップエンドウ、たけのこ、そら豆、さやえんどうなど

 

夏が旬な野菜

レタス、トマト、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、なす、ゴーヤ、とうもろこし、ズッキーニなど

 

秋が旬な野菜

しいたけ、人参、じゃがいも、玉ねぎ、舞茸、ごぼう、さつまいも、ぶなしめじなど

 

冬が旬な野菜

かぶ、れんこん、春菊、長ネギ、白菜、大根、ブロッコリー、ほうれん草、水菜、小松菜など

 

北海道の旬な野菜

 

北海道産の野菜で最も取り扱い量が多いのは何かご存知でしょうか?

 

実は一位はたまねぎなんですよね。そんで二位は男爵で、三位がニンジンです。 たまねぎとニンジンの出荷のピークは10月頃で、男爵の出荷のピークは11月頃となっています。

 

他にも北海道でランキング上位の野菜は、ゆり根やわさびだいこん、やまのいも、アスパラガス、とうもろこし、ブロッコリー、かぼちゃなどです。

 

北海道の伝統野菜は、男爵いもや八列とうきび、ラワンぶき、まさかりかぼちゃ、札幌大球、札幌黄、ゆりねがあります。また、札幌市では、「札幌伝統やさい」として品種を認定しています。

 


【予約商品】北海道産 グリーンアスパラガス (訳あり品)Mサイズ 1kg (500g×2袋) 送料無料 ギフト ギフト用 贈り物 プレゼント 北海道 北海道野菜 北海道旬の味覚 父の日 訳あり あすぱら ネット

 

 

 


アクセスカウンター